カテゴリー
ダイニングテーブル(13)
ダイニングセット(7)
センターテーブル(10)
コーヒーテーブル(7)
コンソールテーブル(4)
サイドテーブル(19)
ネストテーブル(5)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(6)
ダイニングチェア(48)
サイド・ホールチェア(4)
セット販売チェア(11)
アームチェア(21)
チャイルドチェア(2)
ロッキングチェア(2)
アンティーク ソファ(7)
スツール・補助椅子(2)
サイドボード(5)
カップボード・食器棚(3)
ドレッサー・鏡台(5)
チェスト・タンス(1)
ワードローブ(5)
ガラス キャビネット(87)
ショーケース(6)
コーナー家具(9)
ブックケース・本棚(10)
ライティングデスク(8)
デスク・机・書斎用机(8)
ミラー・鏡・卓上鏡(13)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(1)
フロアライト(照明)(1)
その他の家具(10)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-79 1880年代イギリス製アンティーク マホガニー チッペンデールスタイル ダイニングチェア 6脚セット
dn-79 1880年代イギリス製アンティーク マホガニー チッペンデールスタイル ダイニングチェア 6脚セット
258,300円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 6



ホットドッグ両替所
これはポートベローマーケットの入り口にあるホットドッグ屋兼両替所です。
私はポートベローへは朝早くから出かけ、観光客が来る前に帰りますので
このお店がオープンしたところを初めて見ました。いつもシャッターが閉まっ
ていて屋号が「両替所」と書いてありますので「大きい両替所だな。」と思
って通りすぎていました。と言うのもイギリスには個人で営業している両替
屋さんを観光客が集まるところで見ることができます。中には英国電電
公社から払い下げてもらった電話ボックスのような小屋でやっている人も
いてそんな小屋には決まって太ったおじさんがはいっています。発煙筒を
投げこんでいぶりだすか、4人ぐらいでタックルして小屋ごと倒してしまえば
簡単に強盗ができるのではないかと思います。ホットドッグを食べましたが
お姉さんの愛想が良かったです。(味は別。)ホットドッグは炒めたタマネギと
小麦粉でつないだジャンボソーセージが挟んであります。タマネギはいるか、
いらないか、聞かれます。ケチャップとマスタードは自分でかけて食べます。
一個1.5ポンド(約250円)。





エビ&ムール貝屋さん
あるフリーマーケットで見つけたエビ&ムール貝を売る露店です。50
メートルぐらい離れた所からとても美味しそうなにおいがしていました
のでそのにおいに導かれるように(イギリスに来ると美味しそうなにおい
に敏感になる。)歩いて行くとこのエビ&ムール貝?屋さんを見つけまし
た。?をつけているのは貝が焼かれているのは確かだったのですが
マテ貝かムール貝か何貝かわかりませんでした。(カキではなっかた。)
写真の大きなフライパンにエビと貝が半分ずつに分けられたっぷりのバタ
ーでジャンジャン炒められていました。そして3人のイタリア人のおじさん
たちが、焼き係り、盛り係り、呼び込み係りに分かれて商売してました。
なぜイタリア人とわかったか、と言うと�仕事中もずっとでかい声で話
している。�女性が前を通れば目で追う。の2点からです。おじさんが
叫んでいる英語が「3.5ポンドだ!」しかわからず、食べているおねーさ
んの後ろから、こそ〜と覗くとエビと貝が3つずつ入っていました。
約600円、高い?安い?





パブ
イギリスではどんな小さな田舎の町にいってもアンティークショップとパブは
見つけることができます。営業時間は昼の12時ぐらいから夜の1時ぐらい
までです。お昼はランチを食べることができます。お店の前の黒板看板に
「パブランチ」や「トゥデイズ スペシャル」と書いてあるのは日本の日替わり
定食みたいなものです。「ハンバーガーとチップス」とか「チーズ&ツナサンド
とサラダ」「ジャケットポテトとソーセージ」的なものが多いが3.99ポンド(約
700円)、4.99ポンド(約850円)とちょっと高い。また音楽も流れていない
静かな店や小さい頃「海の家」で見た100円入れると4曲聞けるジュークボッ
クスが置いてある店、友達と入っても決して会話できないほどの大音響で
ロックが流れる店、かわいい男の子ばっかり集まるホモの店(私にはそんな
趣味がないので前を通ると真っ直ぐ向いて早足になる。)など色々なカラーを
持ったパブがたくさんあります。しかし共通していることが一つだけあります。
昔デパートの屋上にあったピンボールか10円入れるとピコピコ回転する
ルーレットがどこのパブにも置いてあると言うことです。






レッドハウスマーケット
日曜日に開催されている”レッドハウス”マーケットと言ってもこれは正式な
名前ではありませんし、誰もレッドハウスマーケットなど呼んでいません。
私がこのマーケットの名前がわからず、ただ天井から大きい「レッドハウス」
と書いた看板がぶら下がっていたのでそう呼んでいます。(思っています。)
ここは昔たぶん市場ではなかったんじゃないかと思います。かなり広い敷
地で中央にネットが張ってあり中でミニサッカーができるようになっています。
売っている物は古着、手作り石鹸、頭が悪くなりそうな原色のキャンディー、
無添加のパン、無農薬野菜など実に様々です。食べ物の屋台も出てます
ので結構時間つぶしになって私は好きです。






インド街
これは地下鉄リバプールストりート(私はこの界隈が個人的に大好きです。)
近くのインド人の方たちが多く住んでいる地区のスナップ写真です。
日本の中華街みたいなものです。写しているのはカレー&タンドリーチキンの
レストランが建ち並ぶ通りです。ちょうどお昼になりましたのでカレーを食べて
みることにしました。まずはビールを注文しようとメニューを開くと「コブラビール」
と書いてあり迷わずネーミングにひかれ「コブラビール」を2本オーダー。
それとチキンカレーにスチームライス、(炒めたフライドライスと言うのもある。)
高菜の漬け物みたいなものを注文して待っているとウェーターがコブララベルで
日本のキリンビールの大瓶みたいなビールを持ってきました。私はシンハーや
バドワイザーぐらいの瓶を想像してたので目を点にしてあぜんとしていると
ウェーターが横目で見ながら「プリーズ エンジョ〜イ!」と言って去って
行きました。一言「でかいぞ。」と教えてくれれば・・・。カレーもライスも漬け物も
それぞれがキッチンで使うステンレスのボウル(中)ぐらいの容器に入れられて
きました。当然しっかり酔っぱらってお腹いっぱいになれて約1900円。
コブラビール1本にしとけばよかった・・・。