カテゴリー
新入荷商品(149)
ダイニングテーブル(17)
ダイニングセット(3)
センターテーブル(10)
コーヒーテーブル(8)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(25)
ネストテーブル(8)
ゲームテーブル(3)
ワインテーブル(7)
ダイニングチェア(39)
サイド・ホールチェア(6)
セット販売チェア(14)
アームチェア(19)
チャイルドチェア(1)
ロッキングチェア(2)
アンティーク ソファ(11)
スツール・補助椅子(7)
サイドボード(8)
カップボード・食器棚(5)
ドレッサー・鏡台(3)
チェスト・タンス(3)
ワードローブ(4)
ガラス キャビネット(81)
ショーケース(5)
コーナー家具(4)
ブックケース・本棚(21)
ライティングデスク(17)
デスク・机・書斎用机(7)
ブランケットボックス(2)
マガジンラック(3)
ミラー・鏡・卓上鏡(8)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(1)
フロアライト(照明)(2)
その他の家具(16)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-4 1890年代イギリス製アンティーク ビクトリアン マホガニー ダイニングチェア 椅子
dn-4 1890年代イギリス製アンティーク ビクトリアン マホガニー ダイニングチェア 椅子
79,100円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 12



あるワインバーの男性用トイレ
これは前々回紹介したホクストン・スクエアのベトナム料理屋さんの近くにある
ワインバーの男性トイレです。ちなみにホクストン・スクエア界隈は今ロンドンで一番
ホット(表現が古くさい・・・。)な場所で芸能人や業界の人たちが結構遊んでいる
ようです。(パルフのボーカルのジャーヴィス・コッカーも近所に住んでるらしい。)
このトイレは入ったとたんに圧倒されましたので迷わず撮影しました。ないですよね。
こんなトイレ。日本には。天井もきれいなタイルがはめ込んであり天使が飛んで
いました。トイレで感動したのは生まれて初めてでした。思わず女性用トイレも見て
みたい衝動にかられましたが酔っぱらっているとはいえさすがにできませんでした。
次回機会があればもっと酔っぱらって「すみません。間違えました!」と言って
入って見ようかな。ん〜。見てみたい。






続・コンドームの自動販売機
これは上に紹介したワインバーに設置されている自販機ではありません。以前にも
コンドームの自販機について解説(?)しましたがここでは補足をさせていただき
ます。まず値段ですが1箱にに2個入りで1ポンド(約170円)でした。この自販機
で買うことができるコンドームは3種類あり向かって左が”バラエティーパック”
(これだけ3個入り)、中央が”香り付き”チョコレートの香りとワイルド・ストロベリー
(なぜ”ワイルド”でないといけないのかはわからない。)。右側のは見えにくいですが
絵をみて想像してください。
話は変わりますが海外の男性用便器の高さは日本のものに比べずいぶん高く設定
されています。いままでの経験から一番高かったのはフィジーの便器でちょっと
つま先立ちをしないといけないぐらいありました。わかりますよね?男性なら・・・。






カート
日本人は荷物を空港ぐらいでしか使いませんが海外では空港はもちろん
交通機関の駅やバスセンター、フェリー乗り場にも必ずこの様なカートが置いて
ありみんな結構ガチャガチャ使っています。写真のカートは鎖につながれていて
鍵の部分に1ポンドを入れると鍵がはずれ使用する事ができますが使った後に
自分でここまで持ってきて鎖につないで鍵をかけなければ1ポンドは戻って
こない仕組みになっています。無料で使えるカートはみんなタクシー乗り場や
バス乗り場まで押して行きその場に置きっぱなしで行ってしまいますがその
カートを片づける専門のスタッフがいて(ディズニーランドの清掃の人のように)
片っ端から集められます。一度空港で30台ぐらいのカートを押している
”カートマン”を見たことがあります。これぞプロ!もしカートを押しているとき
遠くから視線を感じればそれは”カートマン”です。







店番犬
これは毎週月曜日の朝開催されているバーマンジーの朝市でゲリラ的に出店して
いたお店の写真です。本来なら2坪ぐらいのスペースを蚤の市管理組合(?)に
出店料を払ってお店を出さなければいけないのですがアンティークのフリーマーケ
ットがある時にはこのような無許可のお店を結構見ることができます。ゲリラ店舗の
取締を行うのは警察が担当しているようで警察官の姿を見ると商談中でもすごい
勢いで逃げて行き、10分ぐらいで何事も無かったようにまた出店します。対策だと
思いますが無人にしておいて遠くから見ていてお客さんが商品を手にしたのを確認
して近寄っていく人が多いようです。中にはワゴン車の中に商品を並べて販売し、
警察が来れば車ごとすっ飛ばして逃げていく強者もいます。
このお店はパグが店番をしています。






サウナ&マッサージ
怪しい。絶対に怪しい。私は風俗について(特に海外の)詳しくないのでよくわかりま
せんがこのブラックライトのような光といい、雰囲気といい絶対怪しいと思いません?
大きなウインドウがありましたがカーテンでしっかり遮断されていましたので覗いて
みたのですが中を確認する事ができませんでした。ピカデリーサーカス界隈を夜に
ぶらぶら歩いていると風俗関係のお店の中から声をかけられます。日本で言う
「客引き」ですが少しスタイルが違います。入り口付近に超ミニスカートのプレイ
ボーイの表紙に出てきそうなブロンドのお姉さんがイスに座っています。
そして座ったまま「スケベ。スケッベ。スケベする?スケベする?け持ちいいよ。」と
片言の日本語で誘われます。ちなみに「け持ちいいよ。」と言うのは「気持ちいい
よ。」の間違いだと思います。誰が教えたんだろう?