カテゴリー
ダイニングテーブル(5)
ダイニングセット(1)
センターテーブル(12)
コーヒーテーブル(7)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(18)
ネストテーブル(3)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(10)
ダイニングチェア(33)
サイド・ホールチェア(3)
アームチェア(13)
アンティーク ソファ(4)
チャイルドチェア(1)
スツール・補助椅子(1)
サイドボード(3)
カップボード・食器棚(1)
ドレッサー・鏡台(6)
チェスト・タンス(2)
ワードローブ(4)
ガラス キャビネット(70)
ショーケース(5)
コーナー家具(5)
ブックケース・本棚(5)
ライティングデスク(10)
デスク・机・書斎用机(7)
ミラー・鏡・卓上鏡(10)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(2)
フロアライト(照明)(2)
その他の家具(10)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-68 1880年代イギリス製アンティーク ウォルナット ビクトリアン バルーンバックチェア
dn-68 1880年代イギリス製アンティーク ウォルナット ビクトリアン バルーンバックチェア
71,090円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 25



チーズ屋さん
私が宿泊するのはロンドン中心部から少し離れた安ホテルが多いので人も少
なく繁華街もありません。何回か”アールズコート”という所に滞在したのですが
そこもホテルの周りにはパブが1、2軒くらいであとは何もありませんでした。前
回もそこに泊まり夕食前にぶらぶらしながら通リを二つくらい入るとなんと私が
大好きな下町的メインストリートが。ちょうど夕方でしたので買い物のロンドン
主婦でごった返していました。金物屋あり、肉屋あり、怪しいショップも軒を連ね
一人で「おー!オー!!ワオー!!!」とか言いながら歩いているとおいしそう
なチーズ屋さんを発見。「今日の夕食はチーズサンドにしよう!」と早速注文。
しかしこのお兄さん、私の首から下げたデジカメに興味深々で『デジカメ?どこ
の?ホームページ作ってるの?』とかいろいろ聞いてくる。おまけにお願いも
していないのにポーズまでとってきましたので仕方なく「は〜い。チ〜ズ。」と
言って撮ってあげましたがやはりウケませんでした。ちょっと後悔。(*^_^*)






ガチャガチャ
子供の頃50円のおこずかいを握り締め駄菓子屋へ行き何が出てくるかわ
からないガチャガチャをするには一つの楽しみでもありました。当時は1回
20円でしたので50円のおこずかいからは半分近くの出費となりますのでか
なりの決断が必要でした。勇気を出して挑戦しても海老のように曲がった
ウルトラマン消しゴムが出てきた時には肩を落としたものです。先日息子に
手を引かれガチャガチャマシーンの前に行くとなんと一回200円。目を疑い
ました。写真はイギリスのガチャガチャです。かなり田舎で撮影しましたが
壁に思いついたように取り付けられまわりにはお店などありません。誰が
管理しているのでしょう?向って左側はピンポンボール20ペンス(約36円)
、右側はフーセンガム5ペンス(約10円)。ガムを買ってみようと思いました
がよく見るとうっすらとホコリがかかっており、サッチャー首相の頃から誰も
買っていないような気がしましたので止めました。






アンティーク家具屋さん
イギリスのどんなに小さな町に行ってもパブとアンティークショップは必ず
と言って良いほど見つけることができます。ロンドン近郊では小物のお店
が多く郊外に行けば家具のお店が多く大体お店の前には盗られてもいい
ような商品が並んでいて雨が降ってきても濡れたままです。田舎に行けば
行くほど個性的なお店が多く見られます。足の踏み場がないお店:店内に
入ると天井からはシーリングライトがすだれのように吊り下げられていて
床からはありとあらゆる小物が積み上げられまともに歩くことができません
お店にいたるところで『ガチャン!ガラガラ〜!!』という音とともに悲鳴が
あがりります。お化け屋敷のように。商品が椅子1脚のみのお店:おば
あさんが一人で経営しているのですが商品は椅子1脚しかありません。
椅子についての説明を延々と聞かされます。火曜日しか営業しないお店:
ドアには『釣りに行っていますので火曜日しか営業しません。』と書いた
ボードがぶら下がっています。このようなお店を見つけるのも楽しみです。






クイーンズジュエリー
これはエンジェル駅近くのアンティークモールの中にあるジュエリーのお店
です。女王がつけるような豪華な王冠やネックレスなどが販売されていて
イミテーションが多いようですがこのような専門店があるということはコレク
ターも多いのでしょう。私が中を覗く時にはいつも太ってごついおじさんが
店員さんと楽しそうに談笑しています。たぶん買い付けだと思いますが、
この人もコレクターの一人で夜になるとドレスを着て金髪のカツラをかぶ
って王冠やネックレス、指輪等を身につけて鏡の前でウットリしているの
ではないかとつい想像してしまいます。おじさんから言わせれば、「ショウ
ウインドウの前にへらへらしたへんな日本人がいるなー。」と思っている
ことでしょう。






チキンカレー
イギリスで料理の持ち帰りをお願いすれば大体このようなアルミの容器に
入れて紙のふたをして渡してくれます。紙といっても防水加工などされて
いませんので時間が経てば油や水分がしみ込んでしまいますので早めに
食べないといけません。これはイギリスに行った時に必ず一回は食べる
チキンカレーです。地下鉄ルートン駅の裏にインド街(?)があり随分前
ですがそこに一軒とてもおいしいインドカレーのお店を見つけました。写真
ではよくわかりませんがチキンがごろごろ入っています。今回もお店に行く
とテーブルでナフキンを折っているとても綺麗な女性がいました。いつもの
熊のようなおじさんが出てきて「おー。大将今日は何にする?」すかさず
チキンカレーをオーダー。まさかとは思いつつ、『娘さん?』と聞くと「おー。
そうよ。」と一言、目は「手ー出すなよこの野郎!」的にらみがきいていま
した。娘さんに『写真撮らせてもらってもいいですか?』と聞くと恥ずかしい
からと断られましたが、そのような控えめなところが日本人にはそそられ
ます。帰り際におじさんから「俺を撮れ!」と言われましたが断りました。