カテゴリー
ダイニングテーブル(5)
ダイニングセット(1)
センターテーブル(12)
コーヒーテーブル(7)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(18)
ネストテーブル(3)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(10)
ダイニングチェア(33)
サイド・ホールチェア(3)
アームチェア(13)
アンティーク ソファ(4)
チャイルドチェア(1)
スツール・補助椅子(1)
サイドボード(3)
カップボード・食器棚(1)
ドレッサー・鏡台(6)
チェスト・タンス(2)
ワードローブ(4)
ガラス キャビネット(70)
ショーケース(5)
コーナー家具(5)
ブックケース・本棚(5)
ライティングデスク(10)
デスク・机・書斎用机(7)
ミラー・鏡・卓上鏡(10)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(2)
フロアライト(照明)(2)
その他の家具(10)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
sc-1 1910年代イギリス製アンティーク ウォルナット エドワーディアン ホールチェア(椅子)
sc-1 1910年代イギリス製アンティーク ウォルナット エドワーディアン ホールチェア(椅子)
21,320円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 31



江戸前すし
これが以前ふれましたがロンドンで売られている”江戸前すし”です。最近では
スーパーマーケットはもちろん、駅のキオスクや街のニュースエイジェント(コン
ビニ)でも並べられていますので人気なのでしょう。トロ2貫、えび2貫、サーモン
1貫、巻物8貫、と醤油と割り箸が入っていて値段は4.49ポンド、なんと約870円
です!一度は食して皆様にその味をお伝えしようと思って、いそいそとスーパー
に出かけて手に取ったのですがその値段に目が飛び出ました。トロは頭が悪く
なりそうなくらい異常な赤色ですし、巻物もマグロ、おしんこ、きゅうりのいずれ
でもなく名もない深海魚のようなものが巻いてあります。サーモンも軽く火で
あぶってあり、やはりリスキーな匂いがプンプンしています。しばらく眺めていま
したがどうしても”食べたい”という感情がわかず、おなかもこわしたくなかったの
で今回は見送りました。日本のおいしいおすし屋さんのカウンターにロンドンっ子
を座らせて「これが本物の寿司ってもんだ!べらんめい!!と教えてあげたい。






日本語講座
テレビをつけるとBBCがビジネスマン向けに日本語講座なるものを放送
していました。日本からイギリスへ出張するビジネスマンも多いでしょうし
、その逆の機会も多数あるでしょうから多少の日本語はしっておかないと
いけないからでしょうね。しばらく見ていましたら”電話のかけ方”という場
面になりました。男性が電話をとり「もしもし」といいます。その後テロップ
に「moshi moshi」と表示され、「ハロー IS もしもし」と音声が繰り返し
流れて終わりです。『え〜。ちょっと待ってよ。「○○さんお願いします」
とか「○○さんはいらっしゃいますか?」とかないの〜。』とか言いながら
一人で突っ込みを入れていました。「moshi moshi」だけでは話になら
ないと思います。日本のアンティークバイヤーが多く訪れるところにはおか
しな日本語を話すイギリス人が多数います。必ず第一声は「儲かりまっか?
」ですので今回”ぼちぼちでんな〜”という言葉を教えてあげました。






冷たい椅子
ホテルや美術館、空港などの室内にあるベンチやチェアーなどは大抵が
布やビニールが張ってあり、座り心地もそこそこなのですが、駅や大きな
バス停などの準屋内にはこのような鉄製の椅子が設置されています。お
そらくクッションなどがすぐに破かれてしまうことを防止するために鉄製に
なっていると思われます。ほとんど外のようなところに置かれていますの
で夏場はひんやりして気持ちいいのですが、真冬になると最悪です。座
るのにはかなりの勇気がいります。気合を入れて座ってもぐんぐん体温
が椅子に吸い取られてしまいますので健康な人でもみるみる顔色が悪く
なってゆきます。長く座っても座面が暖かくなりませんので他の人が座っ
ていた場所にすぐ座っても効果は全くありません。画像内の右側に座っ
ていらっしゃる方も心なしお尻が浮いていますよね。(笑)






パブランチ
イギリスを紹介した旅行用のガイドブックに”イギリスに行ったなら是非
安いパブランチを!”などという文句を目にしますが、実際にはそんなに
安くありません。一般的にジャンボソーセージやラムステーキ、ガモン
ステーキ、ローストチキン等の”メインミール”にチップスやマッシュド
ポテトなどをつけます。このパブではメインミール一つが3.45ポンド(約
660円)、二つ選べば5.99ポンド(約1150円)になります。これにチップス
2ポンド(約380円)を付けると結構な金額になります。どれものどに詰ま
りそうな料理ばかりですのでコーラなどオーダーするとメインミール1つ
頼んでも軽く1000円オーバーです。ビールなど注文すると2000円近く
なります。たまに、”1ポンドバケット”といってショウケースにうやうやしく
並べられているものもありますが生の玉ねぎとチーズがサンドされた
口にするのも恐ろしい代物です。バケットとスナック菓子とコーラのセット
等もありますが3.49ポンド(約670円)。1500円でコースランチが食べら
れる日本人からすればやはり高い・・・。






リス(?)
イギリスには公園が多く緑の中にいると落ち着きます。特にロンドンは大き
な公園がたくさんありきちんと整備されていますので多くの人たちが平日、
休日を問わず利用しています。そして目を凝らして見ると木の陰や根元に
戯れるかわいいリスや小動物を見ることができ心が和みます。これは買い付
け先に行く街中で撮影したのですがリスですよね?「わッ!リスだ!!」とか
言いながら普段日本では街でリスなど見ることができませんので興味深々で
シャッターを切っていたのですが、良く見るとリスにしてみるとかなり大きい、
獲物を狙うような鋭い目つきも気になります。近くに原子力発電所があります
ので放射能の影響で巨大化しているのでしょうか?(笑)こちらに気付かれて
にらまれたら怖かったので目を合わさないように走って逃げました。キャー!