カテゴリー
新入荷商品(109)
ダイニングテーブル(16)
ダイニングセット(9)
センターテーブル(10)
コーヒーテーブル(8)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(20)
ネストテーブル(6)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(8)
ダイニングチェア(55)
サイド・ホールチェア(5)
セット販売チェア(11)
アームチェア(21)
チャイルドチェア(2)
ロッキングチェア(2)
アンティーク ソファ(11)
スツール・補助椅子(1)
サイドボード(11)
カップボード・食器棚(4)
ドレッサー・鏡台(5)
チェスト・タンス(2)
ワードローブ(6)
ガラス キャビネット(94)
ショーケース(6)
コーナー家具(11)
ブックケース・本棚(10)
ライティングデスク(11)
デスク・机・書斎用机(11)
ミラー・鏡・卓上鏡(15)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(1)
フロアライト(照明)(1)
その他の家具(13)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-79 1880年代イギリス製アンティーク マホガニー チッペンデールスタイル ダイニングチェア 6脚セット
dn-79 1880年代イギリス製アンティーク マホガニー チッペンデールスタイル ダイニングチェア 6脚セット
258,300円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 33



不動産
イギリスは日本と同じくらい物価が高く、買い付けの際には食費とホテル代には
いつも泣かされます。日本のビジネスクラスのホテルで設備も悪いところで一泊
18000円から24000円くらいですのでヒルトンやドーチェスターホテルなど目玉
が飛び出すくらいなのでしょう。お昼にホットドックを街角で食べても500円くらい
払わないといけませんのでレストランなど私は入れません。ロンドンの物価の
高さを象徴するものに家賃の高さが挙げられます。以前ロンドンに住んでいた
友人に聞いた話ですが、イギリスには日本のように一人住まい用のワンルーム
の物件等が少ないため、若い人や留学生などは2DKなどの部屋を6人くらいで
借りて生活しているとのこと。それもそのはず家賃を聞くと2週間で80000円くら
いが相場らしいです。もっと驚きなのが男女一緒に生活しているらしいのですが
何か問題がおきないのでしょうか?逆にドラマチックな生活ができるのでしょう
か?冷蔵庫の食品が断りもなく食べられ、自分の服をルームメイトが勝手に着
て、目の前を通って出かけていってしまうこともあるというのですが、その時には
「やられた・・・。」とつぶやくしかないそうです。






体重計
イギリスの町を注意して歩いているとたまにギョッとするものに遭遇すること
が少なくありません。これはロンドンの公衆トイレで見つけた体重計です。
日本では銭湯や健康ランドに置いてあるのは見たことがありますが、街中
で遭遇することはありませんし、新鮮でしたので思わず撮影してしまいました
面白半分に量ってみようと思い、体重計に乗ってみましたが針が動きませ
ん。良く見るとなんと有料!メーター上から10ペンス(約20円)を入れてから
計測するものでした。わざわざお金を払ってトイレで体重を量る必要もなか
かったですし、表示もパウンドでしたのでチャレンジしませんでしたが、良く
見ると、とてもユニークで、ちょっと気持ちの悪いデザインになっています。
ヨーロッパの車や機械関係のデザインはなんだか勝手に動いていってしま
いそうなものが多いのは感性の違いなのでしょうか?こちらもモンスターズ
・インクに”グリーンメーター”等というような名前で登場しそうな雰囲気です
。思わず真ん中に目玉を書きたい衝動にかられました。






ブラジル・ナッツ
イギリス人はスナック菓子やチョコレートが大好きですのでのスーパー
に行くとものすごい種類のそれらが陳列棚二個分くらいを占領していま
す。メーカーや味、大きさで分類されていますのであれこれ考えて、楽
しみながら選ぶことができます。いつものようにビールのおつまみを選ん
いると隣の棚にナッツコーナーがあり、その中に”ブラジル・ナッツ”という
大きくて食べ応えのありそうな一品を発見。迷わず手に取り、購入し、
どんな味か想像しながら帰りました。ホテルの部屋でブシュッとビールを
開け、”ブラジル・ナッツ”を二個ほど口に放り込みました。噛んでも味が
全くなく、食感は甘くない栗のようでした。塩などの味付けが全くされて
おらす、だまされたような気分になり落ち込んでいましたが、気をとりなお
して持ってきた醤油につけてたべてみると、マグロのような味がしてなか
なかの味。次回はわさびも持って行こうと思います。(笑)






電気屋さん
日本では少し郊外に行けば目と鼻の先にライバル店同士が価格競争で
しのぎを削っている大型の電化製品専門店などが乱立していることも
珍しくありませんが、イギリスでは地方に行ってもホームセンターやトイ
ザラス、ショッピングモールなどは見かけても、電気屋さんは目にする
ことはありません。そのためロンドンにはこのような小さな電気屋さんが
たくさんあります。たまに覗いて見ると結構お客さんが入っていますので
繁盛しているのでしょう。商品を見て見ると、日本ではセールストークの
”超薄型”や”最軽量”、”連続録画”などが程遠いものばかりです。掃除
機は私の高校の時の食堂のおばちゃんの手下のように扱われていた
バカでかいものですし、ビデオデッキは「これベータ用??」疑うくらいの
形です。液晶やプラズマテレビなどなく、私が15年くらい前、東京で一人
暮らしをする際に秋葉原で始めて買ったような14インチテレビが誇らしげ
にショウウインドに199ポンド(約40000円)と表示されディスプレイされて
います。日本なら多分9800円で買えます。この国は進んでいるのでしょ
うか?遅れているのでしょうか?






雨漏り
イギリスの住宅は”古ければ古いほどいい。”という考えがあるようで、100年
前に建てられたものなど新築並みに扱われているようです。また、『この間
うちの天井がはがれて落ちてきたんだ。』とか『窓枠が落ちてきて足に当たっ
て怪我をした。』といかにも自分が古い家に住んでいるかを破損することを
説明することにより自慢することも少なくないようです。このような雨漏りも
その一つでしょうか。公共施設や駅、家具の買い付け先の倉庫などに行って
もよく雨漏りがしています。日本で現在雨漏りしている建物などそう見ること
はできませんし、公共施設などで雨漏りしていればその日にクレームが来て
翌日には修理されているはずです。以前、イギリス北部の田舎の国鉄の無人
駅に降り立った時、待合室の床にこんもりと盛り塩のような跡がありました。
天井には雨染みの跡が。私は地質学には詳しくありまんが、雨水の石灰成分
等が固まったものと思われます。50万年後にはきっと立派な鍾乳石が天井
まで伸びていることでしょう。