カテゴリー
ダイニングテーブル(5)
ダイニングセット(1)
センターテーブル(12)
コーヒーテーブル(7)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(18)
ネストテーブル(3)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(10)
ダイニングチェア(33)
サイド・ホールチェア(3)
アームチェア(13)
アンティーク ソファ(4)
チャイルドチェア(1)
スツール・補助椅子(1)
サイドボード(3)
カップボード・食器棚(1)
ドレッサー・鏡台(6)
チェスト・タンス(2)
ワードローブ(4)
ガラス キャビネット(70)
ショーケース(5)
コーナー家具(5)
ブックケース・本棚(5)
ライティングデスク(10)
デスク・机・書斎用机(7)
ミラー・鏡・卓上鏡(10)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(2)
フロアライト(照明)(2)
その他の家具(10)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-68 1880年代イギリス製アンティーク ウォルナット ビクトリアン バルーンバックチェア
dn-68 1880年代イギリス製アンティーク ウォルナット ビクトリアン バルーンバックチェア
71,090円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 34



オウム
ある買い付け先の庭にきれいなオウム(間違っていたらすみません。)が巣箱
から顔を覗かせていましたので撮影させていただきました。イギリス人のペット
と言えば犬を真っ先に連想しますので、鳥というのは意外でしたので興味しん
しんで眺めていました。かなり大きな巣箱、巣箱というより小屋を広い網で覆わ
れていますので、のびのびと飼育されています。またその巣箱の一部が家のリ
ビングとつながっているため、家の中にいてもオウムの様子をうかがうことがで
きるようになっています。商談も終わり、リビングでクッキーとお茶をいただいて
いると斜め後ろから視線を感じましたので振り向くと彼がいました。そして「ギブ・
ミー・スウィート!」としゃべっています。話によると甘いものが大好きで特にチョ
コレートクッキーが好物と言うことでした。『やはりイギリスではオウムも英語で
しゃべるんだ。』とぼんやり考えていると、ご主人が彼に向かって”何か言い忘れ
ていない?”と話しかけています。そうすると申し訳なさそうに「プリ〜ズ」とビブラ
ートをきかせた声で答えていました。『こ、こいつ会話ができる・・・。』とライバル
心がふつふつと湧いてきました。






クリスプ
イギリスにはジャガイモやとうもろこしなどを使用して作ったスナック菓子が
多くのメーカーにより販売されています。その種類は日本よりはるかに多く
スーパーの陳列棚はその種のスナックだけで一台楽に埋まってしまいます。
国民性でしょうか、ソルトアンドビネガー(塩と酢)味が良く売れているようで
す。味見してみましたが鳥肌が立つくらい酸っぱい味に閉口してしまいます。
ちなみに日本でいうポテトチップスはイギリスでは”クリスプ”、日本のフライド
ポテトをイギリスで”チップス”といいます。画像は”オーク・スモークド・バーベ
キュー・フレーバー・ハンドメード・クリスプ”名前は大げさですが、コンソメパ
ンチ味です。イギリス人はサラダにかけて食べる人も少なくないようです。私
が小さい頃、初めてたべたコンソメ味のポテトチップスがとてもおいしく、衝撃
でしたので母親に買ってくれるようせがんでいると家で作ってくれました。
ジャガイモを油で揚げてつぶしたコンソメキューブの粉をパラパラとふりかけた
ものだったのですが、本物と似てもにつかぬ代物に姉と無言で目を見合わせ
たものです。帰宅した父親が「おっ、今日はイモの天ぷらか〜。」と言ってお
かずにしていました。






葉巻の自動販売機
ホテルのロビーの片隅に珍しいものを見つけましたので撮影しました。な
んと葉巻の自動販売機です。横60cm×高さ1mくらいの小さなものが壁
に取り付けられているのですが、湿度計なども搭載され、右上には液晶
の画面があり、そこでキューバでの葉っぱの刈り入れや工場での加工な
ど製品が出来上がるまでを映像で流しているハイテクな販売機です。
生まれて初めて葉巻の販売機を見ましたので感動して5分くらいずっと
観察していました。一番安い葉巻で10ポンド(約2000円)、一番高いもの
で40ポンド(約8000円)、20ポンド以上のものにはアルミの筒のケースが
付いています。若い頃、ゴッドファーザーなどのマフィア映画を見て葉巻に
憧れたものです。しかしながら、マカオのカジノに行った時にアジア人が
葉巻を吸いながらポーカーをしていましたが、どう見ても干しバナナをくわ
えているようにしか見えませんでしたので葉巻はあきらめました。






家具屋さん パート�
イギリスのどんな田舎の町に行ってもパブとアンティークショップは必ず
と言っていいほど見つける事ができます。特に家具屋さんはジャンク品
等を扱うリサイクルショップなどを含めたくさんのお店が営業しています。
町を歩いているとこのように店先に商品を出しているところが多いので
すぐに見つけることができます。私達業者はこのようなお店で買うことは
ほとんどありませんが、冷やかし半分で並んでいる商品を見るとたまに
良いものを発見することもできます。しかしながらカンカン照りでも雨が
降ってもお店に入れることもなくそのままですので状態はあまり良くない
ものが大半です。お昼時になるとお店のスタッフが2,3人でテーブルに座
ってご飯を食べています。トラックに荷物を積む際に売り物のチェアーを
ステップにしているのを見たこともあります。そんな商品を若いカップルが
真剣な眼差しで品定めをしているのを見ると『あなた達、本当にこんなの
でいいの?」と確認したくなります。






遺跡
田舎の買い付け先に行って商談も終わり、駅までテクテク歩いていると大き
な工事現場を発見しました。それまでは有料の駐車場でしたので、「またビル
でも建つのだろうな。」と思ってヒョイと下を見てみるとなんと遺跡掘りの現場
でした。外国の遺跡掘りの現場など見たことがありませんでしたのでまたまた
感動して眺めていました。中央に石垣がきれいに残っています。その下では
へらやハケなどで慎重に掘り進められています。ヨーロッパの人たちもこんな
に丁寧に作業ができるのですね〜。(笑)なんだかショベルカーを持ってきて
ガシャガシャ、ぐちゃぐちゃ掘り起こして「なんか出てきたぞー」、『コンテナに
とりあえず入れといて〜。』とかやっていそうですよね。埴輪や勾玉等は出て
こないと思いますがどんなものが出てくるのでしょう?是非知りたいものです。
私の母親も遺跡掘りのアルバイトをしていましたが、つぼの破片などを”記念
に。”と持帰ってきていましたので『だめよ!町の文化財なんだから返してお
いで!』とたしなめると翌日「埋め戻した。」と言っていました。『ちょっと。お母
様、歴史をひずませないでください・・・。』