カテゴリー
ダイニングテーブル(5)
ダイニングセット(1)
センターテーブル(12)
コーヒーテーブル(7)
コンソールテーブル(5)
サイドテーブル(18)
ネストテーブル(3)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(10)
ダイニングチェア(33)
サイド・ホールチェア(3)
アームチェア(13)
アンティーク ソファ(4)
チャイルドチェア(1)
スツール・補助椅子(1)
サイドボード(3)
カップボード・食器棚(1)
ドレッサー・鏡台(6)
チェスト・タンス(2)
ワードローブ(4)
ガラス キャビネット(70)
ショーケース(5)
コーナー家具(5)
ブックケース・本棚(5)
ライティングデスク(10)
デスク・机・書斎用机(7)
ミラー・鏡・卓上鏡(10)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(2)
フロアライト(照明)(2)
その他の家具(10)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
wl-1 1960年代 イギリス製アンティーク ソリッドマホガニー(無垢材) フロアライト フロアスタンド 間接照明
wl-1 1960年代 イギリス製アンティーク ソリッドマホガニー(無垢材) フロアライト フロアスタンド 間接照明
49,820円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 35



ビヤガーデン
買い付けも終わり、小腹がすいてきましたのでホテルの近くのパブに入りチップ
スとビールを注文し、一人黙々とグラスを傾けていた時です。ふと天井を見上げ
ると”Beer Garden →”のサインが下がっていました。「え?!ビヤガーデンって
和製英語じゃないの??」と思いながら矢印の方向へ。そこには緑に囲まれた
素敵な空間が広がっていました。撮影当時1月でしたので戸が閉められ、下まで
降りることができませんでしたが、すぐにでもそこで飲みたい衝動にかられました
。イギリスのビヤガーデンにはハワイアン音楽もありませんし、焼きそばの匂いも
しません。面接担当者を呼び出してクレームをつけたくなるようなパンチの効いた
大きなバドガールもいませんが、いいですね〜。こんなところで湿った風に吹か
れながらビール片手に気の合う友達とワイワイ話ができれば。と思うだけで胸が
躍ります。私の自宅の庭の作成テーマを何にしようかと1年間迷いましたが、今は
っきりと決まりました。コテージガーデン、ロックガーデン、イングリッシュガーデン、
いいえ違います。ビヤガーデンです。






タイショップ
ロンドン中心部、ピカデリーサーカスのリージェントストリート沿いにあるネク
タイ専門店です。媚びてませんね〜。「男ならこのくらいのネクタイくらい締め
なさいよ。」と言わんばかりの品揃えです。原色に近い派手な色合いのもの
が多いようですが、デザインがレジメンタル、小紋、無地などのトラディショナ
ルですので嫌味がありません。赤のネクタイをしてさっそうと歩いていく初老
の紳士など見ると思わず振り返ってしまいます。私は以前ネクタイの卸しの
会社に勤めていましたが、やはりまだまだ日本人は無難な暗い色目のネク
タイを選ぶようですね。かわいいい彼女を連れて高そうなスーツを着ている
にもかかわらず、田舎のドライブインの売店で買ったようなネクタイにお父さ
んから借りたのではないかと疑うようなネクタイピンなどしている男性を見る
と一声かけてあげたくなります。20歳代の時に出席した結婚式の際、友達
がジョントラボルタが着てたようなスーツに西陣織のネクタイをしてきた時に
は別な意味で新郎より目立っていました。






チキンカレー パート�
イギリスには多くの人種が集まっていますのでロンドン市内には各国の
料理を提供するレストランが多数あります。お持ち帰り専門のお店もあり
ますし、店内で食べることができるレストランもあります。ちなみに持ち帰
りは日本では”テイク・アウト”ですが、イギリスでは”Take・away"(テイク
・アウェイ)と言います。ホテル近くに持ち帰り専門のカレー屋さんがオー
プンしていましたので早速行ってみました。女性が対応してくれたのです
おそらくスペイン人(たぶん。)らしく最初に「あまり英語を話すことができ
ません。」と言われましたので『私もです。』と答え注文をはじめました。す
ごくお腹が減っていましたので”大盛り”にしてもらいたかったのですが
”大盛り”という言葉を知りませんのでどう言ったらいいかわかりません。
取りあえず”ラージライス”や”ダブルライス”で表現してみたのですが通
じません。そこで数々の私の窮地を救ってくれたジェスチャー開始。お釈
迦様のように左手を横にし、その上に山を作り、日本語で「ご飯を大盛り
」と言うと『オーライ!』とビックスマイルで答えてくれました。今度は「置い
といて。」にチャレンジしてみたいと思います。






お尋ねします。(解決済み。C.I様ありがとうございました。)
私も休日は自宅の小さな庭でガーデニングをして草花を育てています
のでイギリスの庭園や公園等の花壇などはとても参考になります。
イギリスに行った際には時間があればできるだけ回るようにしています。
また初夏になればフラワーショウ等各地で開催されていますのでそちら
にも是非行ってみたいものです。ガーデニングの洋書などを見ていると
必ずと言っていいほど登場するのが上の画像の木です。イギリスの街
を歩いているとお店や庭の寄せ上などの中心に使われていることが多
いようです。針金で形を作っていく様なのですが、一番多いのがソフトク
リームのようならせん状のもの、また、まん丸のボール上のものもありま
すし、くし団子状のものもあります。画像のようにヘリコプターもできます
ので結構自在に形を整えることができるようです。この木を日本で探す
のですが見つけることができません。もしもこの木に関してご存知の方が
いらっしゃいましたら是非お知らせください。よろしくお願いいたします。
その後、C.I様より木の名前は「トピアリー」とご教授いただきました。
早速手に入れたいと思います。ありがとうございました!!






オペラ
以前私の家内がイタリアを旅行した際に「小さなお店でオペラを聞いたけど
最初から最後まで感動してずっと涙を流していた。」と話していました。その
時は『え?何で泣くの??歌ぐらいで・・・。」とそっけない返事をしていました
がその気持ちが今回よくわかりました。月曜日開催の朝市、コベントガーデン
の帰りにどこからともなく歌が聞こえてきましたので行ってみると吹き抜けの
ような場所で女性がカセットテープを伴奏にしてオペラを歌っていました。生ま
れて初めて生のオペラを聞きましたが、こんな音響設備もないところで、聞い
ても十分感動できますのでホールなどで聞くオペラは家内が言うように涙もの
なのでしょう。ロンドン市内には様々な方法でチップをもらおうとする方がた
くさんいます。”お腹が減っています。”と書いた札をたらして座っているだけの
人、子供を抱いて地下鉄車内の乗客一人一人に紙コップを突き出す人、ギタ
ーやサックスなどを演奏している人など等。何か芸をやっている人にはどうしよ
うか一応考えます。しかし、このオペラの女性は別格。最初に1ポンド、最後に
5ポンド入れました。もしも私が酔っ払っていたら「ブラッボ!ブラッボ!」と手を
叩きながらゆっくり階段を下りて行き、彼女の前にひざまずいて手にキスして50
ポンドを握らせていたことでしょう。(笑)