カテゴリー
ダイニングテーブル(12)
ダイニングセット(6)
センターテーブル(9)
コーヒーテーブル(6)
コンソールテーブル(4)
サイドテーブル(19)
ネストテーブル(2)
ゲームテーブル(2)
ワインテーブル(6)
ダイニングチェア(48)
サイド・ホールチェア(5)
セット販売チェア(14)
アームチェア(18)
チャイルドチェア(2)
ロッキングチェア(2)
アンティーク ソファ(6)
スツール・補助椅子(2)
サイドボード(4)
カップボード・食器棚(2)
ドレッサー・鏡台(3)
チェスト・タンス(1)
ワードローブ(5)
ガラス キャビネット(73)
ショーケース(5)
コーナー家具(7)
ブックケース・本棚(9)
ライティングデスク(8)
デスク・机・書斎用机(8)
ミラー・鏡・卓上鏡(9)
スタンドミラー・姿見(1)
アンティーク ワゴン(1)
ファイヤースクリーン(1)
花台・プランター台(1)
フロアライト(照明)(1)
その他の家具(11)
関連ページ
売れている理由
Yahooオークション(家具)
楽天市場店
分割払い(オリコ)
アンティーク家具 買取
アンティーク家具 修理
アンティーク家具お手入れ
イギリス スナップ写真
イギリス家具と風水
リンクページ
新入荷商品
dn-5 1890年代イギリス製アンティーク ヴィクトリアン マホガニー カーブド ダイニングチェア
dn-5 1890年代イギリス製アンティーク ヴィクトリアン マホガニー カーブド ダイニングチェア
36,540円
インフォメーション
法律に基づく表記
会社概要
総額表示について
お問い合わせ
メールマガジン
メルマガの購読・解除
お問い合わせ番号:
  
    
メール返信定休日
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
赤の日はメールの返信をお休みさせていただきます。

 ●携帯サイトQRコード

スナップ写真 page 42



遊び場
イギリス国内を電車で移動している際、車窓から子供や学生用の簡易なラグビ
ー場やサッカー場を目にすることが多くあります。しかしながら実際にプレイして
いるところを見るのは非常に少なく、よく考えて見るとロンドンでもその郊外でも
子供の遊ぶ姿をあまり見ないような気がします。少なくなったとはいえまだ日本
の方が子供の遊ぶ姿を目にします。画像は見にくいですが柵に囲まれた遊び場
です。近くに学校等なかったので私設か区が管理しているものと思われます。
犯罪から子供達を守るためとはいえ、こんな鉄格子のような柵の中で遊ばせる
のはかわいそうに思います。日本でも子供に対する犯罪等問題になっています
がイギリスも同じなのでしょうね。ベンチに座ってぼさ〜と子供たちを眺めながら
自分の時はどうだったか思い出してみました。30分で帰ってこられる道を1時間も
2時間もかけて道草し、ランドセルを玄関に放り投げて、真っ暗になるまで遊んで
いましたね。大人が子供を守ってくれるけど体罰も日常茶飯事。先生や近所の
人から注意され叩かれたことを親に告げると「恥ずかしいことをするな!」とまた
家でも殴られたものです。いつから今みたいになったのでしょうね。






チキン・ドナー&チップス
前に紹介しましたマトンドナーのチキンバージョンです。注文すると円柱に固め
られて回転しながらあぶられている肉を削いで盛ってくれるのですが、マトンに
負けず特盛になっています。チキンの下には油を良く吸ったチップスがこれまた
ギュウギュウに詰められていますので重さは一キロくらいあるのではないでしょう
か。面白いのがこれを注文したお店の店員さん。おそらくイタリア系のスタッフと
思うのですが、やたらと日本語を使いたがるのです。それが全然言えてないの
です。「ナにニします・たカ?」、「チリソース・カケふ?かけりナイ?」最初は面白
がって日本語で答え意味を教えてあげていたのですが、2、3回目からの来店か
らはあまりの覚えの悪さと、お腹が減っていることもありかなりイライラしてきまし
た。(笑)覚えた日本語は日本人の女の子が来た時に得意げに使い笑いをとる
のでしょう。さてこのチキンドナー&チップスの値段は4.99ポンド(約1130円)。チ
リソースと生クリームをお好みでかけてくれます。マトンよりはおいしかったです
が、2000カロリーくらいありそうです。イギリスで太るはずです。






古着
イギリスは日本より寒いということを肝に銘じて買い付けには行っているのですが
福岡がそんなに寒くなかったということもあり、うかつにもナイロンのパーカー一枚
で出国してしまいました。ヒースロー空港に到着するとすでに建物の中もひんやり
しています。”やばい”と思いつつ外に出ると北風が吹いていました。翌日のフリー
マーケットで急きょ購入したのがこのムートンのジャケットです。定番とはいえ微妙
に流行のシルエットが違ってきますので古着は好きではないのですが、寒さをし
のぐために購入。値札には55ポンド(約12500円)。ベストプライスを聞くと「45(約
10000円)」。『35ポンドにしてください。』と言うと40ポンド(約9000円)にしてくれま
した。古着とはいえ安すぎません?使用感や匂いもほとんどなく美品です。また
すごく暖かく、中はTシャツ一枚で十分なのです。古着もいいものですね。先日読
んだあるファッション雑誌に「”定番だけを愛用し続ける”という男の美学はもう古
い。」と書いてありましたが余計なお世話です。501を愛し、クラークスのデザート
ブーツを愛し、ヘインズのTシャツを愛し、このムートンのジャケットを愛します。(笑)






タイムテーブル
ロンドンからは各地方へ、くもの巣のように鉄道が延びています。そのため私
のように電車で各地に移動するものにとってはとても便利です。また、窓から
イギリスの人々の暮らしや風景が見られますので移動時間は苦にならず大好
きです。主要な国鉄の駅にはこのような大きな電光のタイムテーブルがあり
出発時間とホーム番号が表示されます。ホームは10分くらい前にならないと
表示されない場合も多く、掲示板の前ではジリジリ待たされる人であふれてい
ます。中には東京の山の手線並みに電車が数分おきにガンガンホームに入っ
てくる駅もあり、また、必ず定時には来ないので自分がどの電車に乗ればいい
のかわからなくなります。その場合はホームのモニターとにらめっこして、行き
先を確認して「これにする!」的意思決定し、ドキドキしながら飛び乗ります。
また、出発時間になっても急にキャンセル(運行中止)になる場合も多々ありま
す。そんな時は母親に手を引かれ長い時間並んでいた町役場の窓口がお昼に
なり”隣の窓口へ。”という問答無用のプレートがバンと出されていた一場面を
思い出します。






魚屋さん
ホテル近くの裏通を散策していると道路沿いにバック屋さんや靴屋さん、おもちゃ
屋さん、チーズ屋さん、卵屋さん等など面白い屋台がたくさんありました。他にも
画像がありますのでまた次回屋台シリーズで紹介します。その中で目を引いたの
が魚屋さん。福岡ではおいしいくて、新鮮な魚が食べられますので魚には結構
うるさいです。冷やかし半分に覗いてみると、たらやイワシ、さば、イカなどが並ん
でいますが今ひとつ新鮮ではないのです。なんだかクッタリと元気がなく、目も
白濁しています。イギリスは島国で四方を海に囲まれているのになぜでしょうか?
まさか馬車で運んでいるわけではないでしょうし、氷も山から切り出してきている
わけではないでしょうから不思議です。頭のない赤い魚は冷凍の赤魚ですよね。
名もわからぬ、安くてあまりおいしくない魚でいつも冷凍室に入っていて父親の
給料日前になると必ず煮付けで食卓に上っていた記憶があります。また一番手
前は鯛の塩漬けです。塩が振ってあるのではなくしっかりと漬け込まれています。
結婚式の引き出物に必ず入っていた鯛の塩焼きのようです。鯛の塩焼きといえ
ば、若い頃に出席した友人の結婚披露宴のフランス料理に満たされず、数人で
ホテルのロビーで引き出物の鯛をおかずに赤飯をガツガツ完食した思い出があり
ます。親族もいらっしゃるのに失礼なことをしました。今では伝説になっています。